top of page
  • 外構の相談のタイミングはいつがいいですか?
    これから建築予定の場合は住宅設計も外構工事に影響してきますので、ある程度計画が進んでまだ変更の効く段階でご相談いただけるとスムーズに計画できるかと思います。 外構の設計に影響してくる部分は・・・ ・住宅の配置や高低差 ・屋外コンセントの位置 ・量水器、各種枡、浄化槽などの位置  ・給排水間の位置 ・隣地との高低差がある場合土留めがあるかどうか、などです
  • 小さな工事でもお願いできますか?
    駐車場、境界ブロック、ウッドデッキ、植栽のみなどの部分工事も対応しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
  • なるべく費用を抑えたいのですが?
    まずはじめにじっくりとヒアリングをしたうえで工事の優先順位を決め、なるべく不必要なものを省き材料の選定や施工方法の検討、DIYが可能な部分があるかなど考えて施工品質には影響のないようなコスト削減の提案をいたします。まずはお気軽にお問い合わせください。
  • 相談・見積もりは何社くらいにお願いするのが良いですか?
    2社、多くても3社で十分です。何もわからないからと何社も見積もりを取ってしまうのはお勧めしません。 今の時代HPやSNSなどいくらでも情報を得ることができるので、ご自身でしっかりと情報収集したうえでまずは2社に絞ってご相談すると良いと思います。その2社でどうしても迷ってしまったり、納得いくプランではなかった場合にはもう一社新たな業者に相談してみるというながれが無駄がないかと思います。 業者との打ち合わせでは大切な休日の時間を割くことになりますので、なるべくご自身の負担にならないよう無駄のない流れで計画することも大切だと思います。
  • 業者選びのポイントが知りたい
    まず外構工事は家電や工場で生産されたものとは違い、店舗や会社によって品質や仕上がり、提案力に差があるということを必ず念頭におき、価格だけの判断はしないことをおすすめします。判断基準としてはプラン内容・見積もり金額・施工品質・工事後のアフターフォロー等があげられると思います。それぞれの業務には営業・デザイナー・見積もり担当・工事担当などの担当者がかかわってきますが会社によって全て分担されている場合もあればいくつかの業務を兼業している場合もあります。それぞれメリットデメリットはあると思いますがそれぞれの担当者が意思疎通、連携できているかがとても重要だと思います。特に設計者と工事担当がきちんと打ち合わせが出来ていないとイメージと違うものができあがってしまったり、無駄に工期がのびてしまったりということが起こってしまいます。なかなか見えにくい部分ではありますが、ぜひそんな部分を頭の片隅に置いて業者選びをしてみてください。  
bottom of page